FC2ブログ

味音痴おれんじ

おれんじでやんす。

TGCとかいうイベントのニュースを見たのだが
一体何が面白いのか全くわからなかった。

おれんじでやんす。


モデルさんとか芸能人が
ランウェイで歩くショーってことですよね?


何か、面白いのですかね・・・(;´∀`)


洋服とか買えるのかな?


オシャレとは光年単位で
縁がないので良くわからないです。


さて、



だから、お前はダメなんだと
ダメ出しの声が聞こえてきそうですけどね。



先日、出張先で同僚といっても一回り以上年上のオッサンと
一緒にお昼を食べました。


手頃な中華料理屋さんです。


時間帯が少し遅かったので
さほど混雑もしておらず


大切な案件を終えた後だったので
随分とリラックスな感じでございました。



おれんじが頼んだのは


濃コク旨味噌バターラーメンの
半チャーハンと餃子1人前



おじさんが頼んだのは


さっぱり醤油ラーメンと
半チャーハン


リラックスをしていたこともあって
(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマーを繰り返しておりました。



半チャーハンを頼んでいたので
無料のライスをお願いしなかったのだけど
ラーメンが濃かったせいもあって喉が乾く。



「すみません。今から無料ライス貰っていいですか?」



と、おれんじ迷いなく店員さんに伝え
ライスもムシャムシャ


「野菜炒めも頼めば良かったですね。
やっぱり勢いのある火で作ると美味しいですからね!」



と、既に食べ終わり
まったりしていた同僚に笑顔で話しかけていたら




「おれんじ、お前さ」



(゚д゚) んあ?



「よく食うよな」




(゚д゚) ・・・。



「行きの新幹線の中で、
会議中にお腹が鳴ると恥ずかしいから・・・
と、言ってパンとオニギリを食べてお菓子をボリボリ食ってたよな」




(゚д゚) ・・・。




「それで今、これだけ食ってるのだもの
よく食うよなって思ったんだ」



(゚д゚) ・・・。



そうですか。
おれんじ食べ過ぎますか・・・


これで帰りに駅の構内にある
立ち食いそば屋によっていこうって思っているのは
言わなくて良かったです。


「いや。別に悪いって言っているわけじゃないからね。」



(゚д゚)そうですか・・・



「でも、前から思っていたのだけど
お前、全然グルメじゃないよな」




(゚д゚)・・・。






マジ
ええ?



「いや、悪口じゃないよ」



「でもさ、好き嫌いとか無いだろ」


「なんでも美味しいと食べているからさ」




「会社の仕出し弁当マズイじゃん。
美味しいx2と言って食べているの、
おれんじ位だよなって
この前、皆と話したんだ」





「お前が味音痴って言っているわけじゃないよ」


「味覚のレベルが低いって
言っているわけじゃないんだよ」


「むしろ、お前は評判良いよ
何でも美味しそうに食べているからね」



「でも、グルメじゃないのかな?って、
あーこれ、これ、本当悪口じゃないよ」


マジ
・・・・。





(゚д゚) ソウデスカ・・・


仕出し弁当がマズイと思ったことなんて無かった・・・
周りがオカズを見てゲーっとなっているのに
おれんじが1人でニコニコ食べているとは気づかなかった・・・
それを周りが信じられないという目で見ているとは知らなかった・・・


同僚は最後はアタフタしていて
悪口じゃないよ。むしろ褒めているんだよ。と
帰りの新幹線でも気にして話かけてきてくれたのだけど、
おれんじはお菓子をボリボリ食べながらも←ヲイ
なんとなく落ち込みました。


おれんじ、
なんだかモテナイ理由が分かったような気がします。
グルメじゃないんだ・・・確かにそう言われるとグルメじゃないかも・・・


高いお店でコースとか食べても
お店を出て直ぐのラーメン屋さんに入り直すことだって
過去にはあった。


「この味の差、わかるかい?
これは南フランスのプロヴァンス地方で作られた
チーズなんだよ」


とか言われても
スライスチーズの方が美味しいと
思ってしまうくらいの馬鹿舌なのは自覚していたけど、


なんだかアホの味音痴で底辺に見られた感じで
少し悔しかったです。


しかし、


その後に、
なんか怒りがこみ上げてきました。


グルメじゃないだとぉ~(怒)


質より量の大食いだとぉ~(怒)


今、割りとガチでワナワナしているので
何かどうにかしてやろうと考え中。



どうやったら
自分をグルメっぽくアピールできるのか
誰か何か教えて下さい。



スポンサーサイト



北斗晶さん頑張れ。


おれんじでやんす。


Skypeの障害にガチ影響受けて
半泣き状態だった

おれんじでやんす。

今は問題なく使用できています。
良かった。良かった。


さて、おれんじ
ちょっと泣いた話。


北斗晶さんのブログの
乳がん告白を読みましたか?


昨日、彼女のブログが更新され
翌日、つまり今日、乳がんによる右胸の切除の手術を受けられるとのこと


おれんじはブログ歴が長いので
彼女のブログは随分と長い間見ていました。


時に優しく


時に強く


時に厳しく


時に面白く


様々な顔をブログでは見せる人だなって思いました。
本当に長い間見ています。


しかし、実は数ヶ月の間、
私はブログを見に行くのを止めた時期がありました。




理由は簡単




彼女が
羨ましかったから





愛する旦那様、子供達、そして周りの人達


全てが私にとっては
とっても羨ましくて


気さくな彼女の言葉に
納得させられたりもしましたが、


自分の言葉に酔っていませんか?と
斜に構えて読んでいたりもしました。


そして何より
休みごとに長期海外旅行とか行っているのが
本当に羨ましかった。


さすが芸能人は
お金持ちだなって思っていました。


当時のおれんじは
親に貯金はいくらある?幾らなら出せる?と
借金の話を持ちかけられていました。


そして、とある日、
振込先の口座の紙を持って部屋に戻った時、


なにげに覗いた彼女のブログは、
ハワイ滞在10日目とかで友人とパーティしていました。


なんという羨ましさ


彼女の写真が全てキラキラしていて
羨ましいったらありゃしない。


幸せすぎる人を見ると
自分が惨めに成るだけだと思い、
彼女のブログを覗くのを止めました。


それと申し訳ないのだけど、
テレビなどで彼女を見た時に、彼女はお箸を正しく持てないようで
それが、ちょっと嫌だったのです。


きっと本人に言ってもかわされるだけだと思うけど、
私は個人的な意見として
テレビを見る人間は正しく箸を持って欲しいと思っています。



しかし、


今年になってからは
以前よりは頻繁ではないですが、
またブログを覗かせてもらうようになりました。


彼女が羨ましいのは相変わらずだけど
家族を愛し、友人を愛する彼女の事が
やっぱり好きだったからです。


佐々木健介さんみたいな
体が大きくて優しい旦那様が欲しいなと
いつも思っています。


そんな中での彼女の乳がん告白
直前までそんな素振りはなかったのに
衝撃の告白に仰け反りました。


そして文章を読んで泣きました。


最近、涙腺が緩くて困っているのですが、
今回は緩くなくてもきっと泣きました。


彼女は毎年検診をしていたのに
それでも全部を切除しなければならないくらいに
進行するものなのですか。


健康診断を受けているから
きっと大丈夫って、全然大丈夫じゃないじゃん!
進行が早い病気とはなんと恐ろしいものなのだ。


小さな夢が大きな夢に、


5年、10年後生きるための戦い


強いよ。北斗晶。


本当に強いわ。


嫉妬していたとか言っている自分が
なんと小さい人間なのか
毎度毎度、思い知らされます。


彼女が築き上げた結果の
家族、友人なわけで


築きあげられていない自分が
嫉妬したって余計惨めになるだけだ。



今回の告白を読んで
本当に本当におれんじは彼女の回復を願います。



笑ってまたブログを
更新してもらいたいです。


何も出来ないけど
本当に何も出来ないけど
あるなら教えてほしいくらいだけど
とにかく応援します。


きっともう充分頑張っていると思いますけど
北斗晶さん大好き!本当、回復を願います!




だから独身?だから既婚?

おれんじでやんす。

世の中はシルバーウィークとか言っていますけど
おいらにゃ、全く関係ないと叫ぶ


悲しみおれんじでやんす。


本当に休んでいる人っているの?って思ったけど、
どこかにいるのでしょうね・・・


さて、そんな悲しみなんて吹き飛ばして
スマイルキャッチプリキュア~!と叫ぶ
アラフォーの残暑ですけど


最近、自分は随分人に気を使っているのだなと
思うことがあります。

いや、人付き合いが下手なのか?

そもそも人という生命体が嫌いなのかな?


今から書くこと、
どう思いますか?


会社のお昼のことなんですけどね。


実は、おれんじは時々この話を書いていますので
またかよテメーと苛ついた人がいらっしゃいましたら
そっと右上の「☓」を押してくだされ。
そしてYoutubeでも見て気持ちをリフレッシュして下さい。



いや、本当、おれんじは



ぬこ覗き
これでも気を使う
人間なんですよ。





人の顔色を気にしすぎて
精神すり減らして血を吐いたりとかしているわけじゃないのですが



なんというか
人を見て評価する立場になってから
拍車がかかってしまったっていうのが正しい言い方なのかもしれない。


何事も穏便に済ませたいと思うし
なによりも一人になりたいって思うことが多いのです。



おれんじが職場で昼を食べるのは
今まで一人だったのですが、


寂しいだろうと言って下さる女性がいらっしゃいまして
最近は一人の時が少なくなりました。



でも、正確に言うと
彼女らが寂しかったのだと思います。



おれんじは一人で食事をすることに
さほど抵抗感を抱かない
孤独のグルメの五郎さんなのでね。



しかし、一人で自分のペースで
もしゃもしゃ食べていたのですが
いつのまにやら女性陣の波に押し寄せられて
ある程度のグループの中で食べるようになったのです。



しかし、


そのグループは
全然仲良くないのです。


お昼、一人で食べたくないという同じ思いから
群れているだけなので、
休みの日に会うとか
お互い連絡先を交換してやり取りするとか
全然無いのです。



でも、お昼は一緒。
毎回話しに花は咲きますけど
所詮はテレビしゃ社内の事ですね。


で、最近色々あって人が少なくなってきたので
一人で食べる機会が増えた年上先輩女性が



「おれんじちゃん、明日なんだけど
お昼食べる?」



と、聞いてくることが増えました。


「はい、まあ、会議が伸びなければ・・・」



「良かった。わかった。」



( ^ω^)・・・。


で、会議が伸びてしまって昼が遅い時間になり
一緒に食べられなかった時は軽く怒っているような態度になる。


ああ、面倒くさいなって思っていたのですが
最近気づいたことがあります。


逆におれんじが一人になる時、
何も言わないんですよね。



例えば、


おれんじが居るから
昼は一人じゃないって思ったけど
他の人に昼を誘われたので食べに行く。


この時、おれんじには何も言わない。


おれんじこと、私は
彼女がお昼を一緒に食べると言っていたので
自分が食べ終わったけど来ない彼女を待つ。
待って良いのか悩む。


で、翌日、食べに行ったことを報告される。



いや、別に良いのだけどさ
お昼一緒だね。って話をしたのだからさ、
一言、食べに行くって言ってくれたっていいんじゃね?
なんで言ってくれないのかなぁ?


昨日の◯◯はトロトロで
本当に美味しかったんだ~と翌日笑顔で話されてもさ、
知らねぇよって思うのってダメですかね?



そんな事があったので
その後、食べるといったけど来ない時があったので
とっとと自分の席に戻ったら
翌日、一人になってしまったと怒られる。


逆に私が他の人から昼を誘われた事があったのだが
一人になると騒ぐのが嫌だったので
彼女にも声をかけたら必ずついてくる。


でも、彼女が他の人から誘われた場合は
おれんじには一切声をかけてこない。
食べに行くことも伝えないので
上記のような待ちぼうけの事が時々ある。




horse
超面倒くさい!



そもそも彼女とは合わないのだ。



彼女とおれんじは正反対。



好きなもの嫌いなものが全く違う。


そして何より


誰かが一緒に居てくれないと電車にも乗れない彼女と


クレジットカード片手に一人で飛行機も乗ってしまう自分と


タイプが違うのだ。



だから常におれんじは彼女から
「信じられない」「私には絶対無理」を連呼される事も多いのだ。


そして繰り返される



「そうだよねー」


「そう思うよねー」


「おかしいよねー」



この同意を求めるねーが死ぬほど嫌い


ねーねーウルサイと思ってしまう。






でもさ、



何より思うのが




彼女には素敵な旦那様と義理の親と
お子さんとが居て幸せで




おれんじは独身なんだよね。





彼女のような幸せな家庭を持っている人と合わないなんて
やっぱり自分には結婚とか向いていないのかな・・・
って日々思い知らされています。


以前、結婚していないなんて何かあるんだよと
他の人の話の時に真顔で言っていた彼女を見ているので
おれんじの事も、きっと他の人の前では
同じように言っているのだろうと思うと
話なんてしたいと思わない。


彼女と距離を取りたくて
色々考えているのだけど、
なかなか難しく、日々精進です。



これって私の対人スキルが変なの?


それとも彼女?



彼女じゃね?って思うけど
いちいちこの話をブログに書いている自分も
そうとう嫌な性格だなって分かってる。




はいはい、だから独身





はいはい、モテナイ。モテナイ。



最近、なんか全てが面白く無いです。



このままじゃイカン!

人間関係に思う。

おれんじでやんす。


最近、仕事に少し余裕が出来たのだけど
どうせ一瞬さ・・・と死んだ魚の眼をする


おれんじでやんす。


ちなみにシルバーウィークは
ありません。はい。


さて、
それでも頑張って生きていかなくちゃと
日夜、お刺身に菊を添えるラインで頑張っておりますが(嘘)


最近、人間関係って難しいなって思うことがあります。


ちょっと周りがザワザワしているのです。


立場上、周りに仕事を振ることが多いのですが
まず一人目、とある女性の話。


以前から彼女は思い込みが激しくて
対応には気をつけているのだけど
最近ちょっと色々ありました。


そもそも依頼をするやり方が
彼女に合っていないのかな?と思い、
今は依頼の手順を考えている所です。


例えば


このAの仕事をして欲しい。


その為には
Bの情報が必要で、
まずはBを調べて、次にAをして下さい。


と、仕事のやり方を説明する。


単純に聞けば
Bを先にして、結果を踏まえてAをすれば良いのだけど、



彼女はBをすっ飛ばしてAに取り掛かって
結局意味がわからないと聞いてくるのだ。



「え?なんで?
Bの情報がなければAは出来ないって言ったよね?」




「あ、そっか
で、Bはどうやるんですか?」





拳
二度目です。



という感じですね。


彼女はAをやらなくちゃって気持ちが強くて
Bを忘れてしまうのです。


その他にも彼女の端折る感じが大胆すぎて
なかなかの強者です。


それなので
最近はBの仕事を先にやらせて
終了したらAの仕事を依頼するようにしました。


正直、そんなに難しいことをさせているつもりはないのだけど
そんなにわからないかなぁ?
でも、人によっては難しいのかなぁ?と思います。



一発で要点を伝えないとで
話の途中から内容を訂正しても
彼女は対応しきれないみたいです。




それと別の男性なのだけど、


一定の作業をお願いした時に
以前の人たちが考えた楽な作業手順を教えたのだけど



例えば



右手側にトンカチ
左手側にネジ


左手でネジを固定の箇所に設置して
右手でトンカチをトントン


という感じで作業しやすい方法なのだけど


教えても、彼は右手側にトンカチとネジを置いて


右手のトンカチを置いて右手ネジを取って設置し、
再度右手でトンカチを持ってトントン


一回の作業毎にトンカチを置く手間が増えているのだ。


ネジを取るためにトンカチを置くのは手間でしょ?
左手でネジを取ってみたらどう?


と言っても



大丈夫です。



左手になにか不都合があるわけじゃないのです。
別の作業では左手のみを使ったりします。

もちろん両手を使う作業もあって
特に問題ない。



別の作業でも


かがむ作業だったので腰の負担を考えて
こうしてみたら楽だよと
以前からやっている男性がアドバイスをしたのだけど、



大丈夫です。


腰痛くないの?



結構、痛いです。あははは。
でも、僕!頑張ります!




はて?



そして作業の説明をしても
勝手な解釈が入ってしまって
結局他の人がやり直さなくちゃならなく
二度手間になってしまった事もある。


私が思うに、ようは上記二人は
人の話を聞いてないのだと思う。


でも、上記二人は一応大卒なんですよね。
しかも、結構いい所。


しかし、全然使えない。むしろ迷惑。と感じている
そう判断している人たちは高卒が多いらしく



「あんなバカで何にも役に立っていないのに
大卒というだけで、自分たちよりも給料が良いのが悔しすぎる」



と恨み節を口にします。


さて、はて、


皆さん、高校卒業してから
もう30年近く経っているんじゃないですか?


まだ、そこ、悔しいですか。気になりますか。


勤続年数が長いと昇給もあるわけだから、
あなたの方が絶対にもらっていますよ。


人間最後まで学歴がつきまとうのだなと改めて実感。


おれんじ、へっぽこ大学出身だけど
大学を出ておいて良かったのかな?と思いました。


こんな小さな会社の中でも
様々な人が居るのだなと最近つくづく思います。


若いながらにシッカリしている人も居れば
もうすぐ定年なのに子供みたいな発言しか出来ない人


正直、長く生きてるだけで尊敬出来るって
感じでもないなぁと最近特に思っていますが、


こういう人を沢山観察し、更には査定をしている仕事をしながら
婚活をするのって、なんというか益々結婚へのハードルが高くなってしまうような気がします。


おれんじの人生のアホアホ時期に
勢いで結婚しておけば良かったと
最近つくづく思います。


今は凄く考えて、相手の事を凝視してしまいそうです。


やっぱり結婚は
若いうちに
勢いですべき。



最近、おれんじが行き着いた考えざます。



と言っても
もうどうにもならんので
今は婚活するしか無いのだけどね。

言ってみた。

おれんじでやんす。

最近はツイッターメインの生活をしていまして
このままブログ止めちゃおうかな・・・


と実は思っている
おれんじでやんす。


でも、これじゃあイカンと
書いている次第です。


だってさ


ありがとう
特に代わり映えのない生活なんだもん。



いやいや、それは自分が動いていないからでしょと
皆様の声が聞こえます。





さて、仕事の方は相変わらず忙しくて
先月辺りは死んでいました。



帰宅する時間は
日付が変わっていることが多くて
コンビニ夕食の毎日でした。


ここからは愚痴になるのですけどね。



最近、新しい人が続々入社しています。



新卒?


中途採用?



うううん。



50歳過ぎの
オッサンです。




あまり公には出来ませんが
会社の状態は決して良いとは言えません。



お給料やボーナス等で
転職していく人も多いです。
(まあ、おれんじも転職希望していますがね)


会社の状態が悪くなったのは
為替とか色々な外部要因がありますが、


個人的な感想としては
小さい会社なのに、アホなのに、
手を広げすぎちゃった。
規模が大きくなっちゃった。


それなので結局買収されて
会社の規模、職種が全く異なる買収先から来た新社長が
今までの経営を全否定し、
本来会社とは、こうあるべきである。
といった感じで方向転換をしようとしているのです。


近年、会社を長く築き上げた人たちがバカ呼ばわりされ
早期退職支援というなの首切りみたいな事が始まり。


そして上記のような
他社を長く務めていた50歳オーバーのオッサン達を
入れてきているわけです。
業務改善、利益向上目的。


さて、


様々な会社のオッサンが入ってきて
実際どうなりましたか?


各自のオッサンが持つの経歴/職歴が
会社に合っていないと否定、非難をします。


そして様々な会社のオッサンですから
オッサン同士でも意見が合わない。
喧嘩まではしないけど仲は良くない。


しかし、共通認識として持っているのは
ここの会社経営陣、業務遂行が間違っていた。
バカだったという感じ。その時だけは皆様饒舌。
それがあるから辛うじて仕事をしているのでしょう。


長く会社に務めているおれんじは
オッサン達から見ると
バカに育てられた人という感じ。


だから


「こんな簡単なビジネス用語も知らないの?」


と鼻で笑われることも多い。


でも、正直あんまり凹みません。


自分もガラパゴス化している会社だと思っているので
外から見て知識不足、経験不足を感じた時は
どんどん言ってもらいたい。
出来れば直したい。


耐え切れずプライドを守るためにと
会社を去る人も多いです。
前の経営陣が皆居なくなったと辞める人も居る。


自分で辞められるならまだ良い
辞めさせられている人も居るのだからね。


でも、上の人達に言いたい。



今、実際に足りていない人材は
50歳過ぎのオッサンじゃない。


確かに経営を立て直すために必要なのは
即戦力、オッサンという意見も間違えていないと思う。


でも、どんどん若い子も辞めていってしまっている。


今は目の前の実務を遂行してくれる
若い人、未来を背負う人、
オッサンなんて、あと数年経てば皆定年。


オッサンは必ず役職がついてくる。つまりは高給取り。
それだったら高卒の2人を雇ったほうが良くないですか?
中には毎日ふんぞり返って大あくびしているオッサンも居ますよ。


オッサン効果で会社は良くなるかもしれないけど
今目の前にある実務作業をやってくれる人が居なくちゃ
未来なんて作れないんだよ。


それをやる人が全然足りない。


役職者が小切手や伝票を発行しているなんて変だよ。


おれんじの部署も若い人,
2人失って補充なし。


他の部署は事務員が辞めたのに
入ってきたのはオッサン、
当然事務職なんてやらない。


結局抜けた穴を他の人が補うも、
更に新しいオッサンの「仕事とは、こうすべき」という新たな仕事を課せられ
業務オーバーで会社辞めたいと泣く。


以前は部門リーダーが通常1人だったのに
今では2,3人と役職者が出てきちゃって
意思疎通できていないから下は誰に話を振ったら良いのか混乱している。


聞いてもお互い指差すとか
なんだよそれ。


本当にバラバラで
そしてやること沢山で
日々残業の毎日で、


おれんじも会社を辞めたくなっているわけです。
働いていて楽しくない。


以前は社員が沢山居たから
その中でも精鋭が表面に出てアホは隠れていたけど、


今は精鋭が会社を辞めてしまっているので
アホがやるしかない状態。もちろん出来ない。


それで社長を始め、オッサンに
怒られたり、攻められたりしている感じだ。



アホだから怒られても改善出来ない。
やり方が分からない。


「教えてもらっていない」等と
受け身、被害者精神が根強くて絶望的。


悔しくて自分で調べるとか
なんでしないのかとにかく不思議。


( ^ω^)・・・


一応書いておきますが・・・
アホの中に自分も含まれていますからね。


色々書きましたけどね。



実は、



先日、上記の己の思う気持ちを
社長、側近みたいな人たちに
話してしまいました。



ぬこ覗き
どうしてそうなった?

会社を辞めたいと直属の上司には伝えているのだが
どうやら、それが上に伝わってしまったようなのだ。


突然、社長に呼ばれて



「おれんじさん、少しお話しようか」



から始まって色々話をしてから
結局全否定をするような事を言ってしまったのです。
まあね、もっとアブラーとに包みまくりましたけどね。





別件の色々な話は本当に色々あったので
後日、少しずつ書こうと思う。



さて、おれんじ



どうなりますかね?




おやすみンゴ
もう知らね。




おれんじは特に守るものが無いので(家族、子供、ペット)
気楽なもんです。


仕事なんて職種を選ばなけりゃ幾らでもあるだろ。