FC2ブログ

あ〜嫌だぁ

20080608013408.jpg
なんで月曜日から
10時過ぎまで働かなくちゃいけないのだぁ
(>д<)


おれんじはもっと
のんきに生きたいのよぅ



嫌だぁ~



残業したくないぃ~



定時に帰りたいぃ~



もっと自分の時間が欲しいぃ~



10時半過ぎ帰宅


お風呂に入って
お夕飯食べ終わったのが
11時間半


そして今0時就寝


もうブタでも牛でも
なんとでも言ってくれや


おやすみなさい
スポンサーサイト



あ?嫌だぁ

20080608013408.jpg
なんで月曜日から
10時過ぎまで働かなくちゃいけないのだぁ
(>д<)


おれんじはもっと
のんきに生きたいのよぅ



嫌だぁ?



残業したくないぃ?



定時に帰りたいぃ?



もっと自分の時間が欲しいぃ?



10時半過ぎ帰宅


お風呂に入って
お夕飯食べ終わったのが
11時間半


そして今0時就寝


もうブタでも牛でも
なんとでも言ってくれや


おやすみなさい

ごめんね

おれんじでやんす。


ちょっと時間が空いちゃいましたね

お久しぶりの


おれんじでやんす。



えぇ、元気に生きておりますが

今日はね久しぶりに髪の毛を切りに行って参りました





おれんじはね



もう同じところに随分長くお世話になっているのだけど





相変わらずなれねぇ






ドキドキ


協調性がなくてごめんね





今日も途中で帰りたくなっちゃったよ





でも我慢して




無事に鬼太郎にしてきました アヒャ ヘ(゚∀゚*)ノ





綺麗っす(> д<)

20080626123958.jpg
見て!
この中身!


綺麗っすぅぅ~


うまいっすぅ~

綺麗っす(&gt; д&lt;)

20080626123958.jpg
見て!
この中身!


綺麗っすぅぅ?


うまいっすぅ?

これ好き♪

20080626123826.jpg
妙ちくりんの
ずんだまんじゅう( ̄ω ̄)

これ中身すごいんだぜ


(^O^)

ちょっと昔の話をしますよ No.3 最後だよ

おれんじでやんす。



なげーよとの声

おれんじに届いておりますよ



ありがとうございます

ありがとうございます



ぬはっ

とにかく早くすっきりさせますよ。



これは過去に経験した

おれんじの恋愛話です。




以前の話はリンク先をみてちょんまげ




ちょっと昔の話をしますよ No.1




ちょっと昔の話をしますよ No.2





ふ?なんでこんなことを書くことになったのかしらん?(`∀´)




でも真面目にこういうのって書いたことなかったから

なんか斬新(笑)



えーと今までの話をまとめますと、



彼女が居るはずの人と

なんだかじんわり逢うようになって、

付き合っているのかわからなくて微妙な時期を過ごしていたら、



第三者から彼が出来ちゃった婚をしていた事を知ったわけですよ



彼は二股を続けていたことを

おれんじは全く知らなかったわけです




聞かなかったおれんじも

今考えると微妙でございます




そして事実を知った半笑いの切れたおれんじは

そのことを彼に告げて、もう逢うのは止めようという話になりました。




その後、頻繁にメールをもらったのだけど

「メールは返さないでいいから、着信拒否しないで」という事で

寝る寸前に今日の出来事を



それはそれは

長い文章で毎日毎日送ってきやがりました



そして逢いたい寂しいと



そりゃそうさ



こんなに都合の良い女

めったに居ないでしょ!



今のおれんじなら飛び蹴りをお見舞いして

目の前で携帯を破壊して即効サヨナラだったのだけど、



当時若かったおれんじさんも良い感じに傷ついておりまして

ラリってたんでしょうね

すがっておりましたよ

メールを見ては泣いてましたよ



ああ?いけないわぁって

きっと泥酔しておりました




○○で待ってる

おれんじが来るまで待ってる




って彼から言われて、

無視して出かけちゃっていたのだけど

5時間後にその場所を通ったら

なんとまだ待ってて



帰れバカ!と怒ったこともありますわ←トレンディードラマ風に



彼号泣してましたよ


今思えば弱虫ですよね



怖いことに家の前で車で待ち伏せされたこともあったし


今思えばストーカーですね



昔、おれんじの好きな石の指輪を買っていたので

これでおれんじと結婚してると

左手薬指をはめた写真を送ってきましたね



今思えば気持ち悪いですよね

なんだよそれって感じです




その後、一度きちんと話したほうが良いだろってことで

逢ったのだけど




それは家に対する不満や

結婚は仕方がなかったとか

中絶の話が出ていたとか



おれんじにバレたらどうしようと

毎日不安で仕方がなかったとか




それはもう

おれんじが聞いても仕方がないような事ばかりで



それを聞かされても何も言えなくて

というかはっきりしなかった自分が情けなくて



それでも好きだったのだから

おれんじも末期でしたよね



だってそれからまだしばらくの間は

逢っていましたもん



相手からは好きだを連発されて

離れたくないとしがみつかれて



そんな言葉や行動は嫌ではなかったのだけど、

やっぱり突然頭を襲う現実



体が震えましたね

それはもう息も出来ないくらい by Zard


当時、このことは周りの人には一切話しませんでしたね

たとえ友人でも、こんなみっともない状態は話せなかったですね



おれんじが話をされる方だったら

殴ってでも止めさせていたと思うもの





時に襲う胸を締め付けられるほどの辛い気持ちを

彼に吐き出すと




おれんじに好きな人が出来たら諦める

でも俺は一生おれんじが一番好きな女だ





などと色々言ってたけど




結局都合の良い女じゃーん!ヽ(゜▽、゜)ノバンザーイ




事実がわかってから

離れられずにズルズル付き合っていた間も



相手が既婚者になった時期とか

父親になった時期とか


もうね、詳しいことは一切聞きませんでした。

今でも知りません。



確認したくもないですわ。


奥さんのことも子供のことも一切口にしなかったし

相手も何も言わなかったから何も変わらない感じだったけど



お泊りしようと言われて

慌てて帰ったり



無駄に高いのを買おうとしている時に

思わず買わない方向に洗脳しようとしたりしてました




無意味な時間を過ごしたと今では思うけど


ただただ一生懸命好きだったし、



随分泣いたり笑ったりしましたわ



バカなおれんじでした




で、これがどうやって終わったのかと言いますとね




面白いことに




ある日、フッと目が覚めたのです




これは言葉で表現をするのは難しいのだけど




ある日、毎日同じ事を繰り返している生活の中で





フッと気づくことがあったのです






あれ?おれんじ今まで何をしていたのだ?





と突然回りを見渡して

突然すごく冷静な状態になるのです





もちろんそれはあくまでもきっかけであって

時間は無駄に掛かりましたが

その後、その人とはきちんとお別れしました。



相手は離婚出来ないし、しないだろうし、

したらすげー引くし、自分勝手だと思うし、


ありえないと思っていたけど

おれんじも離婚なんてされたら困る




おれんじは結婚は出来れば初婚同志で

すべてが初めてで一緒にアタフタしたい派なのだ




そう考えれば別れるのが当然の事なのだ




突然断ち切れるのは嫌だとダダをこねられたのだけど




まぁ、いいか




と思いまして、




絶縁とかはしてなくて

かろうじて今でも知り合いでございます





ただしもう戻りませんよ

戻っても何の利点もありませんからね




あれから随分時間が経ちましてが

当然の事ながら一度も戻っておりません




今なら5時間待っていようが

おれんじは放置プレイを決め込む自信があります←どんな自信?




もうおれんじも若くないし

既婚者に構っている時間なんか全くないのです

不倫なんてしている暇ないのです




もう既婚者は愛のハンターおれんじにとって

獲物ではないのです




別れて数ヵ月後だっけな

彼と奥さんと子供と買い物している所を目撃したことがありました






以前、おれんじが買ってあげた彼の服を

奥さんが着ていたのを見たとき複雑な気持ちが沸いたけど

でも幸せそうでなによりです。




その時、大量のお菓子を一人で買い込んでいた独り身の自分が

随分惨めに感じましたよ




本当、随分勉強させてもらいましたよ





まぁ、所詮おれんじは

その人に選ばれなかったということで

この話は基本的には振り回されて振られたって話ですよ

完全なる負け戦です






おれんじは無駄に成長して

体も横に成長して元気で生きていきますわ




明るい未来にGo?Go?Go!!





-終わり-




やっと終わりを迎えました(・∀・)





書いてみると随分懐かしく、

随分痛い経験でございます






ハンターおれんじ

今日も獲物を狙ってガルルルです







付き合ってくれた方サンクスです




さて、いつもの痛い日記に戻ろうかね( ´艸`)








ちょっと昔の話をしますよ No.2

おれんじでやんす。



本当、いやすみません。

今確認をしたら前回書いたの1ヶ月前じゃないですか



本当にごめんなさい。


ごめんだプー←千秋流 最大級謝罪



ちゃんと最後まで書きます。



前回を読んでいない人は

No.1からどうぞ



ちょっと昔の話をしますよ No.1




まあ、簡単に書いてしまいますと



彼女持ちの人を好きになってしまって告白したら

なんだか誘われるようになってしまって


彼女のことを気にしながらも何も言えずズルズル付き合って、

さらにその人仕事を辞めちゃって、

一緒のときの食事代などの金銭的援助もやっちゃったわけです



誤解のないように書いときますがね



おれんじは完全割り勘派なのです



そりゃ?おごってもらうのは迷わず言える



大好きです!(・∀・) それはもう!



でもそういうのは部長とかおっさんとかにしてもらって

同年代というか恋人になる人とは割り勘が良いです



近い年齢で給料なんて

よっぽどの資格や専門職じゃなくちゃ同じようなもんでしょ



同じような給料もらっていて

負担が男性だけにかかるのは嫌なんですよね



まぁ理想は


お昼ご飯代を出したから

夕飯は出すよっていう交互な感じがいいですな。



でもこの人と逢っている時は違いましたな



ほらおれんじの脳みそ腐っていたわけですし



それから誕生日とかは



一度ブランド品を奮発して渡したことがあったのだけど



あんまり興味がなかったのか、

結局最後まで一度も使うところを見たことがありませんでした。



それだから誕生日とかは実用性のある

洋服とかコーヒー缶とかタバコとかあげてましたなぁ



最初の方は気づかなかったけど



一緒に服を買うときとかは

おれんじも購入するときは彼の分も一緒に払っておりました




だからおれんじが何も欲しいものがないとき、

彼は自分のお金を使っておりました



今思えばおれんじが買わないなら

自分で買わなくちゃと思って購入を断念したこともあったんじゃないかなかぁ



最後の方はそれに気づいていたので

彼と合っている時は、欲しくても耐えておりましたなぁ




相手は無職でおれんじは働いておりましたからね




そんな不安定な状態をしばらく続け




結局自分は彼の恋人なのだろうか?




と相変わらず口に出せていなかったのだけど




ふとしたきっかけで彼から言われた




「おれんじの事、誰よりも好きだ」




と言われ




それはもう鼻血ブーしながら幽体離脱して

あの世にレッツラゴーくらい嬉しかったのを覚えております




そうか、おれんじは彼の事を好きでもいいんだと

ニヤニヤして家に帰った覚えがございます。




確かこの頃は彼にもようやく新しい仕事が見つかって

これからは少し変わるかなと期待をしていたと思います




そんな中、




久しぶりに共有の友人(子持ちの女性)に偶然街で会いまして





相手がさらりと口に出した彼の話














彼も無職で

きちゃった婚しちゃって

大変よね










え? (゚д゚;)







あまりの衝撃に

ちびりそうになりましたよ




すでに赤ちゃんは産まれたそうで

彼が立ち会ってへその緒を切ったそうで




最近、その女性は彼の奥さんにベビー服をあげたそうなのだ




もう上からタライが落ちてきたような

脱力感と失望感で全身に鳥肌が立ちましたな




彼女と続いていたんだ・・・



その人は奥さんとなって、彼との子供を産んだんだ・・・




もう泣くとかそういう感じもなく

ただただ放心状態になったのを覚えております




それから一週間後くらいかな?

彼と逢いまして




その一週間も、

その日も普通に過ごした帰り道





半笑いで告げたのです







「子供、

産まれたんだってね」









相手の驚いた顔





今でもはっきり覚えてる





いつ生まれたのだ、

彼女とはいつ結婚したのだなどの詳細を聞こうとするも



もうなんか疲れちゃって



ようやく口に出せたのは




「私達、もう逢わないほうが良いよ」




って事だけ




それから彼は一切何も言わなくて




家に帰ると携帯にメール





「何か口にしたら泣いちゃいそうで

何も言えなかった。ごめん」





という文章を見て




「何言ってんだよ!バカかこいつ!」




と携帯を投げつけて




枕に顔を押し付けて

思う存分泣きました






あ?長くなっちゃった

No.3に続く!




すぐ書きます!




届いたよ!

20080622200519.jpg

北海道のHBCラジオから


「大泉洋のサンサンサンデー」


の番組ステッカーが届きました♪( ̄ω ̄)

ステッカーを定規ではかってみたところ

10cmくらいの小さいものでございました。




でも嬉しいですな




投稿したメールが読まれたから貰えると思ったのだけど、


「当選おめでとう」なのかい?(^_^;)


くじなのか?




う?ん。まぁいいか!

期間限定

20080621170104.jpg
伊勢崎「妙ちくりん」の
バナナ大福とバナナショコラ大福



どちらも激甘でウマーで
ございました( ̄ω ̄)



バナナショコラは簡単にいうと
いつものショコラ大福に生のバナナをぶっこんだ感じです。



最近ストレスで体重が
増量中だけど、これくらいは気にせずに食べるのだ。